自分で出来るクーリングオフ

私もキツイ勧誘にあい、渋々契約してしまった事はありますが、本当に酷い悪徳行者だと「クーリングオフの手続きはこちらでやるので」と言って、クーリングオフの手続きを結局せず、請求されるという事も、、、。
契約前ならクーリングオフする必要は無いのですが、契約してもしクーリングオフしてくれないサロンだったら、、、。

自分でできるクーリングオフのやり方をご紹介します。
クーリングオフは必ず7日以内い行うこと。7日を過ぎてしまうとクーリングオフする権利が無くなってしまうようです。

まず契約時にもらった書類に「クーリングオフの手続き」のやり方があります。
付属でハガキが入っている事もあるので、書類はしっかりチェックしましょう。

書類に必要思考当があった場合は記入し、付属のハガキが無い場合は下記のように記入し、郵便局で配達記録郵便で送りましょう。

ハガキの書き方

表面

契約解除通知表
契約日:〇月〇日
業者名:株式会社〇〇〇
担当者名:担当してくれた人物の名前を記入
商品名:例、コガオうるるんコース
契約金額:80万
上記日付の契約を解除します。

支払い済みの入金付金当の振込み先
〇〇銀行〇〇支店○○

裏面

相手の住所

自分の住所

すると、業者から暫くすると連絡がくるので、すんありと解除できます。
(悪徳業社で無い限り)

 

もし悪徳業者だった場合の方法。

クーリングオフした事を消費者センターに伝え、相談に乗ってもらいましょう。
電話番号:03-3446-0999
受付時間:平日10時~12時、13時~16時

Pocket