結膜脱脂の内出血を隠したおすすめのコンシーラー『カクシーラー』レビュー

こちら結膜脱脂の内出血です。詳しい経過画像記事はこちら

結膜脱脂の内出血

結膜脱脂の内出血

この内出血と黄色みを隠すとなると、市販のコンシーラーでは難しいと分かりました。

まず、ナチュラッル派のリキッドコンシーラーではまず隠れない。
薬局で売っているコンシーラーだとマキアージュのスティックコンシーラーなら、まあまあ隠れましたが、やっぱり青色が浮き出てきますね。

 

でもマキアージュなら、内出血後も普通に使えるのでおすすめではあります。

あとは、意外にも100円ショップのさらさらコンシーラーなどキャンドゥやセリアなどで売っています。
固形型のコンシーラーですが、やっぱり色味が薄くなるだけで青みは浮き出てきました。

 

とにかくダマなどどうでも良いので、隠すのだけを目的としたコンシーラーがほしい!
ネットで調べたら『カクシーラー』というコンシーラーが良いとのことなので、ダメもとで買ってみました。

テスターが使えないのが届くまで不安です。

さて、、、どこまで隠れるのか、、、、

内出血とコンシーラー

おおーーいいですね。

カクシーラーで内出血を隠す

ここまで隠れましたが、やっぱりちょっとだけ青い感じがします。
眼鏡をかければ特に気になりませんね。

気になる方はこの上からマスクをすればまず大丈夫でしょう、、、、。



ただ、使って2回くらいでパッケージの回転部分が壊れて、出せなくなりました。笑
直径1.5センチくらいあるスティック型なので、細かい部分は筆にとり、最後にパウダーで抑えるのがおすすめの使い方です。

 

カバー力は本物ですが、カクシーラーの広告のように入れ墨があんなに綺麗に消えるわけではありませんでした。
ほくろや黒味が強い部分は不自然に隠れる感じなので、あんなに綺麗に消える!と期待しすぎてしまうとがっかりしますが、内出血くらいならカバーできると思います。

ただ、ダマがすごく、近くで見ると厚塗りお化け。笑

 

あとは、無理に隠そうとせず、目のきわ、眼頭から目じりまで、ダークブラウンのライナーでがっつり囲みメイクしても良いと思います。

がっつり囲みメイク

こんな感じで!化粧を濃くすればあまり目立たないので濃くすることがポイント。
黄色みの内出血もがっつりチークを入れたカバーしました。

ダークブラウンの色は内出血の赤身となじみが良かったので選びました。

 

ただ、普段化粧が濃い人はいいんですが、いきなり濃くすると
「○○ちゃん化粧変えた?」なんて言ってくる人もいるので、、、、とくに女性って小さな変化でも気が付きますよね、、、。

だから1カ月前から化粧は濃いめにして、周りに慣れさせるのも手だと思います。

まとめ

手軽に買えるコンシーラーだとマキアージュと100均のさらさらコンシーラーがおすすめ。
だけど、カクシーラーに比べるとカバー力は劣る。

カクシーラーのカバー力はすごいが、よーく見られたらバレる。
バウダーで優しくセットすればうまく隠してくれた。でも乾燥が目立ち厚塗り感が出る。

シミ・クマをひと塗りで簡単カバーするコンシーラー



Pocket